The beauty of fatigue and the thrill of conquest

1997年、エロイカはイタリアのトスカーナ州で始まりました。


1997年、この草イベントの創設者、ジャンカルロ・ブロッチは、”エロイカ時代”と呼ばれる1900年代初期の自転車と環境で、まだトスカーナに残されていた未舗装路の白い道を走ってみることを思いつきました。 その頃、ガレージに眠る多くの自転車は屑鉄屋に引き取られる運命にあったのですが、このジャンカルロのアイデアは、屑鉄にもう一度生命を吹き込み、オーナーとともに再登場する機会を与え ました。

それから20年、数えきれないほどの歴史を刻んだ美しい自転車たちが小さな町に1年に一度、 ガイオーレ・イン・キャンティに集合し、往年の栄光とオーナーの誇りをサドルの上に乗せ、100年前と同じ砂利 道を疾走します。

イタリア、トスカーナ州の小さな町、ガイオーレ・イン・キャンティで生れた小さなベント「 エロイカ」は、今では世界中に多くの同好の士が手をつなぎ、「世界で最も有名な草自転車イベント」の 称号も与えられるまでになりました。

偉大な先駆者たちのエロイカ的精神は今に復興し、美しくよみがえった愛車とともにオーナ ーは汗と苦痛にまみれるでしょう。

しかし、この体験は我々に歴史の重さを再認識させてくれるとともに、より多くの満足感を与えてくれることになるでしょう。

エロイカ ジャパンは2013年に初めてイタリア以外の海外で開催した、エロイカのオフシャルイベント です。

その後、エロイカ・ブリタニア(英国)、エロイカ・カリフォルニア(米国)、エロイカエスパニア(スペイン)などと仲間を増やすきっかけとなったことに我々事務局は大きな誇りを持っています。

これからもエロイカの精神を尊重し、世界の仲間たちと一緒に皆様と共に自転車文化の発展に寄与するためにコミニケーションの場を提供していこうと思っています。